見出し画像

【人事広報部の特徴と求める人物像】関わるすべての人をファンにする

ワンダープラネットでは、各事業部・部署ごとにビジョン・バリューを設定しています。
このnoteでは、事業責任者へのインタビューを通じて、各事業部・部署の特徴や求める人物像、ビジョン・バリューに込められた思いをご紹介します。

今回は、『人事広報部』のご紹介です!

人事広報部のビジョンとバリュー

人事広報部は、会社の未来をつくる人材の採用と育成を担う人事業務と、事業成長に貢献するために
社内外への情報発信を行う広報活動を担当する部署です。
関わる全てのステークホルダーが、喜怒哀楽を共にするワンダープラネットのファンになっている状態の実現を目指しています。

責任者インタビュー

執行役員CHRO 人事広報部 管掌
村田 知常

1978年生まれ、愛知県出身。愛知教育大学大学院教育学研究科(修士課程)卒業。生化学・遺伝学を学ぶ。在学中にCGIプログラムと出会い、IT業界を目指す。2002年に日本システム開発株式会社に入社。多種多様に渡る業務システムを開発することで、幅広い業務知識、プログラミング言語を習得。2012年に創業メンバーの1人としてワンダープラネットに入社し取締役CTOに就任。その後、執行役員としてR&D事業および名古屋スタジオを管掌。2020年10月からクラッシュフィーバーのプロデューサーを務める。2022年3月に執行役員CHROに就任。

ーー人事広報部の特徴を教えてください

人事広報部は事業成長への貢献を目的とした人材の採用と育成、広報活動を行なっている部署です。人事面では会社の未来を担う人材の採用活動と、入社後の育成に注力しています。広報面では、事業が目指す方向を正しく見据えながら、多方面に向けた広報活動を行なっています。すべての業務を通じて、ミッション「楽しいね!を、世界中の日常へ。」の実現を目指します。

私たちの目標は、活動を通じて会社に関わる全てのステークホルダーにワンダープラネットのファンになっていただくことです。社内に向けては、一人ひとりの社員が、この場所で働くことを誇りに思い、楽しく仕事に集中できる環境づくりを行います。社内外に向けて、ワンダープラネットが目指す方向や現状を正しく伝えることで、いち企業として社会との繋がりを持ちながらファンを増やしていくための情報発信をおこなっています。

ーーどんなことを大切にしていますか?

「ファン」には、2つの意味があります。1つ目は、対象を応援し、協力したくなる「ファン(FAN)」という意味です。2つ目は、楽しいという意味の「ファン(FUN)」です。関わる人にファンになっていただくためには、まず私たちが自らの仕事に真剣に取り組み楽しむことが重要だと思っています。

そのために、あらゆる出来事をポジティブに捉える姿勢や、目の前の相手のことを考え行動するホスピタリティを大事にしています。その結果、関わるすべての人を楽しさに巻き込み活力を与えること、太陽のような存在となり、会社を牽引する存在となることを目指しています。

ーー人事広報部が求める人物像を教えてください

現在のチームには、前職で採用に関わっていた人、組織開発に取り組んでいた人、営業経験がある人など、多様な経歴・経験を持った人材が集まっています。共通しているのは、ワンダープラネットという会社が好きだという気持ちです。「これから成長する会社の中で、自分自身も成長をしたい。成長していく過程を仲間の一員として支えたい」という思いを持って入社したメンバーが多いです。

私たちの仕事にとって最も重要な資質は、人との関わりを楽しむことです。人事広報部の仕事は、社内外のさまざまな立場の人と関わりや繋がりをつくっていくことが大事です。その中で時には、目的達成に向かうために複数の人との協力関係を構築する必要があります。多様な人との関わりを積極的に楽しめる方であれば、一緒に成長していけるのではないかと思っています。


ワンダープラネットでは一緒に働く仲間を募集しています!

ワンダープラネットの採用サイトでは、ワンダープラネットの事業の特色や社員インタビュー、運営中プロダクトの開発の舞台裏ストーリーなどさまざまなコンテンツをご用意しています!

会社の雰囲気をもっと知りたい!応募してみたい!と思っていただけた方は、ぜひ採用サイトにも遊びに来てくださいね!

▼人事広報部に関連する過去noteもよろしければご覧ください。


この記事が参加している募集

広報の仕事

人事の仕事

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

公式Twitterでは最新情報をタイムリーに更新しています! ぜひフォローしてみてください!